■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
生活哲学学会ニュースレター No.2 2017.1.10 発行

「 2017年 新年のご挨拶 」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【1】ご挨拶

生活哲学学会理事より新年のご挨拶

【2】お知らせ

各サテライトでの講座等

□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □

─────────────────────────────────
【1】「生活哲学学会理事より新年のご挨拶」(50音順)
─────────────────────────────────

◆吹田サテライト 海老谷千代子

私は両親が自営だったので、農家出身の祖母に育てられました。
畑仕事ができない雨の日に、靴下の繕い物や浴衣を縫っている祖母の傍で、
みようみまねでお針仕事をして遊んでいたのは、3歳くらいの頃だったと思います。
私は運針をしている祖母の職人のような手元が大好きで、小さな手に指抜きをはめて、
大小様々な縫い目でもってガタガタな運針をして…それでも祖母に頭を撫でられ
褒められた思い出が残っています。
年末に「入園準備のためのアップリケやネーム付け、まつり縫いなどのお裁縫って…
教えられる?これって『生活哲学学会・家事塾』マターじゃない?」って依頼を
受けました。
はじめは「どうして私に??」と思ったのですが、
依頼主いわく…手芸の先生じゃあなくて、普通の人が普通にできる手仕事的なレベルが
いいと思うんです。おおおお~確かに!!と妙に納得。
という訳で、今年はこういった「普通の人が普通にできる手仕事」にも焦点を当てた
活動もしますが、地域のおばあちゃんたちと一緒に何かできないか考えていくつもりです。

◆三重サテライト 南部浩江

2017年が始まりました。自宅から歩いて2分。田んぼのあぜ道を通り、
初日の出を拝みました。澄んだ空気の中にあたたかい金色の光が差し込んできました。
初日に向かって手を合わせたこと。家族の健康と、新しいこと初めの宣言!?
有言実行の年にしたいと念じました。
元日は恒例の家族そろって親戚まわりを行いました。1軒目のお宅はいつも仲人さんの
お宅から。今年で26回目めになりました。仏さんをお参りして、応接間へ。12年ぶりに顔を
合わせた主人の従弟。子どもたちの年齢を聞いてお互いにびっくり。よその子の成長は早い
ですね。次男は24歳の本厄のため、近くの猪名部神社で厄払い。これも会話の一つと
なりました。
親戚・親・兄弟、離れていてもお互いに心を寄せている大切な存在。年に一度だけれども
集まっておしゃべりしたり、ご馳走を食べたりそんなひと時がとても貴重だと感じました。
笑顔に会う、この大切なひと時のために帰省された方もいらしたのではないでしょうか。
2軒めはお隣の親戚宅へ、3軒まわってお腹も心もいっぱいになり帰宅となりました。

◆蕨サテライト 笹渕敏子

新しい年が始まりました。
一月の異称は『睦月』・・・睦み親しむ月。一年の始まりは家族仲良く、笑顔で過ごす月。
我が家はおせち料理をいただくことから始まります。
年末、体調を崩した私は子どもたちにおせちはなくてもよいかなと聞くと
おせちがないと生きて行けない!と声を揃えて訴えます。
子どもたちが楽しみにしている我が家の味と年中行事です。
気合を入れて台所に立ちました。
毎年作る定番の一品に八つ頭芋の田作り風があります。
今回は初めて「唐の芋」が届きました。
江戸の昔から縁起物と食されている里芋の仲間で各地の酉の市の名物だったそうです。
つるんと丸い形はごつごつした八つ頭より包丁を入れるのが簡単でした。
お味も美味。おせち料理を見た子どもたちのキラキラした目や食べた時の顔を見ると
まだまだこの先も作らなくては・・・と思うのでした。
今年で10年、記録よりも記憶に残る味を届けたいと思います。
皆さまいかがお過ごしでしたか。
この一年も素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

◆浅草サテライト 辰巳渚

明けましておめでとうございます。
ここ浅草の初日の出は、隅田川を前景に上ってきます。
今年は駒形橋の上から拝みました。
白い息を吐きながら早朝に初日の出を拝むために集まってくる人びとの中にいて、
与謝野晶子の「今宵会う人みな美しき」という歌を思い出しました。
日常の、あたりまえの行事をあたりまえのように楽しみにして集う人の顔は
みんな笑顔でおだやかで、自分もそういう顔をしていると思うと幸せになります。
家に戻れば、家族で毎年変わらぬお雑煮とお節料理を囲みます。
家族で一番年長(!)の私が、一番年若の娘にお屠蘇を注ぎ、
順繰りに銚子をまわしていくのも例年ですが、子どもたちは年々大きくなり
口だけつけていたお酒も飲むようになっていきます。
変わらぬもの、変わりゆくもの。
そのどちらもがあるから人生はすばらしい。
そんなことを思うのも、毎年同じことの繰り返しの行事だからなのでしょう。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

◆新座サテライト 山道崇子

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?私は一人で暮らす義母のもと、
長崎に帰省し新年を迎えました。穏やかな日の出をゆっくりと拝むことができました。
義母の作るお雑煮、お味噌汁、おふくろの味を堪能してきました。
帰る道中の食べる心配をする義母、若い頃は余計なお世話くらいにしか感じませんでした。
しかし私も子どもが家を出ることにより、離れて暮らす家族を思う経験を通し、
義母の私達家族への溢れる愛情を深く感じることができました。
親の愛情を返すことはできないものの。義母の想いをしっかりと受け止め
私も義母のように家族を大切にしたいと思っています。
遠いので滅多に帰省できませんが、帰省して一番したいことは、義母とのふつうの
くらしです。一緒に食事を考え準備し、片づけてという時間です。
今年は「おいしい」について、地元のとれたて野菜のうま味を引き出したスープの
作り方やマザーフードについて、一人で作れる簡単料理などの情報発信を多くして
ゆきたいと企画しています。よろしくお願いします。

◆茨城サテライト 山下亜紀子

明けましておめでとうございます。
家族揃って穏やかに新しい年を迎えられたことに感謝しております。
今年の我が家の年賀状は、昨年を振り返っての漢字一文字、そして2017年に向けての
漢字一文字を家族がそれぞれ決めて記しました。
私の昨年の漢字は「始」。
色々なことにチャレンジして、そしてそれが様々な御縁と繋がり、新しいことを
「始」められた1年でした。
そして、今年の漢字は「進」。
今年は更に、培ってきたものを自分のペースで仲間と共に「進」めていけたら良いなと
思っております。
そんな中、なんと新年早々平成30年度の講座のお仕事のお話しをいただきました。
なんて有り難いことでしょう。願えば叶う!こんなに先のお仕事の予定まで進むのは
想定外でしたが(笑)
最後に、この25年間、我が家の年賀状に変わることなく記している言葉があります。
それは「今年も笑顔で」~【笑門来福】。
今年も多くの方に、笑顔の輪を広げていきたいと思います。

◆徳島サテライト 山田しのぶ

Happy子育て応援スペースまんまるんの初催しを1月8日に開きました。
新春プチコンサートと絵本の読み語りです。
始めに徳島へIターンしてきた音楽ユニットのピアノと歌のコンサート。
初めて聴くオリジナルソングもあれば、馴染みのある歌もあり、みんなで一緒に歌って
手遊びをしました。0歳児の赤ちゃん達も雰囲気を感じてご機嫌でした。
そして、会場を巻き込んで奏でるふたりの創り出す音楽に乗っていたら、なんだか楽しい
・涙がほろり・胸がじ〜ん、いろんな感情が湧き上がってきて、感情よりもっと奥に
ありそうな私の中にある暖かいものを音楽が引き出してくれたのを感じました。
次に、コンサートで心がポカポカしているところへ、喜寿を迎えられたおばあちゃまの
読み語りが始まりました。
読んでくださったのは「きみがよものがたり」の絵本です。
き のせかいというのはね ひかりのせかいなんだ・・・
み のせかいとは みえてふれることのできるせかいさ
三十二音からなる歌詞を一音一音と読み解いて、可愛い絵と書を楽しみながらきみがよの
うたに込められた「こころ」を知ります。
『きみがよって縄文時代の古代から続くこんな願いがこめられていたんだ。』
伴奏には箏の調べ。語りに合わせて箏が響き、箏の調べにのりながら語りが滑らかに進み、
共振共鳴する語りと音が染みこんできました。
作者の思いの中に「こどもたちの未来と真の平和のために、時を超え、今に届く宝物。
それがきみがよのこころです。」とありました。
今年も親子の笑顔がふえますように。

─────────────────────────────────
【2】お知らせ
─────────────────────────────────

1月、2月に予定している講座のお知らせです。

◆浅草サテライト1

「暮らしの手仕事の会」
http://www.lifephilosophy.jp/pdf/170115_teshigoto

日時:1月15日(日)13:00~15:00(奇数月の15日に開催)
場所:東京都台東区 浅草神社
内容:縫い物の会です。1月は「花布巾を縫う」
対象:どなたでも参加できます。
共催:浅草神社
連絡先:辰巳渚 tatsumi.nagisa@gmail.com

◆浅草サテライト2

子ども家事塾「親子のためのお手伝い塾」
日時:2月12日(日) 10:00~15:00
場所:東京都台東区 浅草神社および家事塾
内容:お手伝いについてのワークショップ、おにぎりづくり、掃除実習
対象:小学生の親子(親子ペアでの参加でなくてもかまいません)
定員:10組
共催:一般社団法人家事塾
連絡先:一般社団法人家事塾 http://kajijuku.com

◆三重サテライト

親子参加の「おうちのコトコト」
日時:2月11日(土)10:00~12:00
場所:三重県いなべ市大安町大井田」2717-3 中央児童センター
内容:1.親子で楽々! クッキング~チョコレートケーキつくり ?
2.おしゃべりタイム ~テーマ「どうしてる?家事シェア」
対象:小学生の親子(いなべ市在住)
定員:8組
予定:3月は「机まわりのお片づけ」を予定しています。
連絡先:NPO法人 こどもぱれっと
電話 0594-77-1524
申込期間 1/18~2/7 平日の9:00~17:00

─────────────────────────────────
■ メールマガジンに対するご意見・ご感想等について
─────────────────────────────────

〇メルマガ掲載内容に関するお問い合わせは、
メールマガジン専用アドレス<info@lifephilosophy.jp>までお寄せ下さい。
〇掲載されているコラムの転載に関しては<info@lifephilosophy.jp>
までご連絡ください。講座情報に関しては、ご自由にご使用ください。
〇みなさんの個人情報は生活哲学学会が厳重に管理し、生活哲学学会の活動に
関わるご案内をお送りする以外、使用することはありません。

─────────────────────────────────
■ 登録内容の変更と配信停止について
─────────────────────────────────

このメールマガジンは、代表・理事等の関係者が名刺交換させていただいた方、
生活哲学学会の主催する講座等にご参加頂いた方、ホームページで直接購読を
申し込まれた方に配信しています。
【配信停止】を希望される方は<https://www.itm-asp.com/member/pictmail/form_create2/confirmForm.php?u_id=8212&f_id=359>
よりお手続きください。
【配信アドレス変更】を希望される方は、<newsletter@lifephilosophy.jp>まで
ご連絡ください。

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行 : 一般社団法人生活哲学学会 発行責任者 : 辰巳渚
info@lifephilosophy.jp
http://lifephilosophy.jp/
Copyright(C) 2016 -生活哲学学会- All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□